初めての方へ/Welcome

クライミングってどんなスポーツなの?

クライミングは岩を素手で登るというスポーツですが、実際にやってみると、イメージとは異なり、力よりもテクニックを必要とするスポーツです。   クライミングの中でも、比較的低い4~5メートルの壁を、ロープなどを使わずに登るのが、当ジムで挑戦できる「ボルダリング」です。   壁に取り付けられた手掛かり(ホールド)を使って、目標まで登っていきます。力だけでなく、頭を使って、登る動きなどを考え、色々なテクニックを利用して自分の身体能力だけで課題をクリアしていきます。
クライミングってどんなスポーツなの?【クライミングスクール・ジム J&S】東京・豊島区池袋・ボルダリング

服装・持ち物(クライミングに必要な道具)

服装は、お持ちの動きやすい服装(Tシャツ・短パン等)で構いません。
ジムのレンタルシューズをご利用の際は、
薄手の靴下をご用意下さい。

格好【クライミングスクール・ジム J&S】東京・豊島区池袋・ボルダリング

インドア・ボルダリングのルール

ホールドの下に貼ってあるシールが、登るルートを示しています。スタートのシールには「GO」、ゴールには「FIN」と書いてあります。スタートに両手を掛けてから登り始めて、同じ色同じ数字のシールが貼ってあるホールドだけを使って、最後にゴールで両手に出来たら、完登です。

シールの色は、難易度を示していて、その難易度は店内に掲示してある課題表で確認します。

ルール【クライミングスクール・ジム J&S】東京・豊島区池袋・ボルダリング

ボルダリングのマナー

クライミングはマナーを守らないと、危険を伴うスポーツです。
自分だけはなく、周りの安全のために、マナーを守って楽しみましょう。

  • 登っている人の下に入り込まない。
  • 危険な位置にいる人には注意をうながしてください。
  • ひとつの壁で登るのは一人まで。同時に二人が取り付くことは出来ません。
  • 常に周囲を確認して下さい。壁と壁が向かい合っている等、ご自分の正面だけでなく常に周りにも注意して下さい。
  • 長時間同じ壁を占領しないで下さい。周りのお客様と譲り合って行なって下さい。
  • ホールドのネジ穴を使って登らないで下さい。